タブレットでFXをやろう!【アンドロイド・アイパッド】


android(アンドロイド)のタブレットPCやiPad(アイパッド)で、FXを始める方法や、タブレットが利用できるFX会社、そして、使えるタブレット、などについて簡単に説明します。最初に説明しますが、タブレットでトレードをやることは可能です。そして、スマホよりやりやすいです。

タブレットを操作する人の画像


タブレットでFXはできる!



先ほども説明しましたが、タブレットでFXをやることは可能です。タブレットでFXを始める方法ですが、FX会社で口座を開設して、そのFX会社が提供をしているタブレット用のソフトやアプリを自分のタブレットにインストールするだけです。

ちなみに、タブレットでの取引に対応していないFX会社もあるので、FX会社を選ぶときは気をつけてください。


使えるタブレットについて



次に、取引に使えるタブレットについて説明します。大手FX会社のGMOクリック証券のアンドロイド用の取引ツール「FXroidプラス」では、対象OSがAndroid2.3以上となっています。

tabumato003.png


もう1つの大手FX会社のDMM.com証券のアイパッド用の取引ツール「DMMFX ADVANCE」では、動作環境がiOS5.1以上、メモリーが2GB以上となっています。

tabumato004.png


2つの大手FX会社の情報を見ると、取引に使うタブレットは、なるべく新しいOSで、メモリーが2GB以上の製品が良いということになります。


やりやすさ



次に、取引のやりやすさ、ですが、簡単に説明するとスマホよりもスゴクやりやすく、パソコンよりすこし劣る感じです。取引自体は問題なくできますが、比較をするとそんなところです。もし、スマホかタブレット、どっちにしようか悩んでるなら、タブレットを選ぶことをおすすめします。


お金はかかりません



タブレットだからといって、特別なにかの料金がかかるということはありません。先ほど説明に出てきた大手FX会社どちらも、タブレット用の取引ツールは無料で提供しています。


タブレットが使えるFX会社



次に、FX会社についてですが、もしタブレットでFXをやるならば、タブレット用の取引ツールを提供しているFX会社を選ぶようにしましょう。

アンドロイドなら:GMOクリック証券

アイパッドなら:DMM.com証券

おすすめはこの2社です。どちらもタブレット用の取引ツールを提供しており、無料で利用することができます。もちろん口座開設も無料です。どちらも大手の会社なので、沢山のトレーダーが利用しており、安心してトレードすることができます。
関連記事

タグ : タブレット アンドロイド アイパッド FX会社 おすすめ

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter