XMTradingのWebTraderを解説 - エックスエムトレーディング

WebTrader(ウェブトレーダー)の基本情報、他のMetaTraderとの違い、利用開始までの流れなどを説明します。


ノートパソコンのブラウザで開いたWebTrader(ウェブトレーダー)



WebTraderの基本情報



WebTraderとは



WebTraderは、ブラウザ版のMetaTraderです。


バージョン



MetaTrader4(MT4)と、MetaTrader5(MT5)の2つのバージョンがあります。

  • MT4 WebTrader

  • MT5 WebTrader


対応端末



デスクトップパソコン、ノートパソコン用です。


対応OS



  • MT4:Windows・Mac

  • MT5:Windows・Mac・Linux


対応ブラウザ



Chrome、Safari、Edge、Opera、Firefoxなどの主要なブラウザで利用できます。

・公式サイト:XMTrading


他のMT4・MT5との違い



インストール



WebTraderはブラウザを利用するのでソフトウェアをインストールする必要がありません。その他のMT4・MT5はソフトウェアのインストールが必要です。


利用端末



WebTraderは会社、学校、友人宅などの端末を利用することもできます。それに対して、その他のMT4・MT5は、ソフトがインストールされた端末に限定されます。


負荷



WebTraderは、他のMT4・MT5よりもCPUなどの負荷が少ないです。


WebTraderを使う



口座開設していない場合



  1. リアル口座開設

  2. 有効化

  3. 入金

  4. WebTraderへアクセス

・公式サイト:XMTrading


口座開設している場合



  1. WebTraderへアクセス


WebTraderへアクセスする手順



XMTradingのサイトのWebTraderのページにある「WEBTRADERへアクセス」のボタンを押すとWebTraderが開きます。

  1. XMTradingのサイト

  2. プラットフォーム

  3. WebTrader

  4. WEBTRADERへアクセス


WebTraderへアクセスと書いてあるボタン



・関連:新規登録方法 - XMTrading(エックスエムトレーディング)


プラットフォーム関連情報



おすすめ



取引プラットフォームはMT5がおすすめです。その理由は次の記事で確認できます。

・記事:取引プラットフォームはMT5がおすすめ - XMTrading


XMTradingアプリ



XMTradingアプリは、XMが改良をしたプラットフォームです。

・記事:XMが作ったプラットフォーム「XMTradingアプリ」を解説


プラットフォームの変更



取引プラットフォームの変更方法は、XMTradingの取引プラットフォームを変更する方法【エックスエムトレーディング】で確認できます。

・公式サイト:XMTrading

関連記事

« next  ホーム  prev »

広告