取引上達の為にトレードを記録しましょう


上達する為には現状を正しく理解する必要があります。自分は何が良くて何が悪いのかを知らないと、改善することも長所を伸ばすことも出来ません。


kiroku001.png


自分の長所や短所を知る1番良い方法は自分のトレードを記録することです。ほとんどの人が取引を記録することなく自分の感覚だけを頼りに上達しようとします。そんな方法で上達できるのは、運や才能がある人だけです。


自分の取引が分かる


取引を記録する事の最大の利点は、過去から現在までの取引を目で見て確認出来る事です。今までの取引を確認する事が出来るので、相性の良い通貨ペアや時間帯といった取引条件、相性の悪い取引条件を具体的に把握することが出来ます。

つまり、記録という取引データを分析することで自分の取引を知ることが出来たり、気が付かなかった色々なことを発見出来たりするわけです。


改善内容が分かる


負けたトレードを色々な角度から分析すると、何かしらの共通点が見えてきます。そこを改善し取引上達を目指すのですが、記録を元にした改善は内容に根拠があるので、その効果は絶大です。


記録



記録する内容について説明したいと思います。まずはトレード情報ですが、日付・曜日・時間そしてトレードした通貨ペア・レート・買い&売りなどです。

その他に、取引した理由・トレンドに乗ったものか逆らったものか・いくらのレートで決済するかです。

次にトレード後の内容ですが、取引での利益・損失決済した理由・感想・反省点などです。もし他に記録したい事があったら追加してもいいと思いますが、記録はシンプルな方が後で見た時に分かりやすいです。


全部自分で


分析をしてアドバイスをする、まさにコーチの仕事です。トレーダーはプレイヤーだけではなくコーチにもならないといけません。全てのことを1人でやらなければいけないのがFXなのです。
関連記事

タグ : おすすめ FX上達 FX基礎知識 トレード 必要 FX入門 方法

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter