FXのコイントス・トレードについて【確率は50%ではない】


コイントス・トレードというのは、コインを投げて表が出たら買い、裏が出たら売るというものです。人の気持ちに影響されない運まかせの単純な選択をすることができます。

指でハジかれたところ


コイントス・トレードで1番大事なことは確率です。しかし、多くの人が正しい確率を知らず、コインの表と裏が出る確率を50%だと思っています。

コインの表と裏が出る確率は同じではありません。投げるときに上を向いている面のほうが出る確率は高いのです。

参考サイト:Washington Post(英文)

上記のサイトでは、コイントス前に上を向いている面は51%の確率でコインが落ちたあとに上を向いていると書いています。


正しい方法



コインを手のひらに乗せて投げたり、指でハジいたりする方法では50%の確率にはならないので、コインを投げるときは、両手でコインを包むように持ち、手の中でコインをシェイクしながら手から落とす方法が良いのではないかと思います。


コイントスで儲ける



以前なにかの雑誌で、コイントスで儲けたサミュエル・アローナという人が「この手法で儲けた私のことを運がいいだけと言う人がいる。たしかに運がよかったと思うがその運をつかめるように行動した。普通にやっていたらダメだと思ったから。」と言っていた記事を読んだ記憶があります。

具体的にどういう方法なのかは書いてませんでしたが、コイントスで儲けることができた人がいるわけです。


やるなら海外口座



コイントス・トレードをするならば、国内のFX会社の口座よりも、海外口座の方がいいのではないかと思います。その理由は追証が無いこと、そしてレバレッジを高く設定できることです。海外FX口座については下記参考ページをご覧ください。

参考ページ:FXは海外口座もおすすめですハイレバレッジ&追証なし
関連記事

タグ : FXコラム FX手法 方法 トレード

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter