XMの口座開設で住所をどんな風に英語入力したらいいのか説明します


海外FX業者のXMTradingの口座を開設するとき、自分の住所を半角のローマ字で入力しなければいけません。どんな風に書いたらいいのかを説明します。


XMTradingの住所詳細の画像



身分証と「同じ」住所を入力



XMTradingの口座を有効化するときに、身分証の画像をアップロードします。XMはその身分証に記載されている住所が登録した住所と同じであるかを確認します。

口座開設のときに登録をする住所は身分証に記載されている住所と同じであれば問題ありません。

身分証などを見てもらうとわかりますが、マンション名などは省略されています。身分証に書かれていない部分は書かなくてもいいです。無理に正しい住所を入力しようとしないでください。


住所の英語(ローマ字)表記の例



郵便番号000-0000
東京都東京市東京区東京町4丁目3-2
トウキョウマンション101

4-3-2-101 Tokyo-cho Tokyo-ku Tokyo-shi Tokyo-to 000-0000 Japan


都道府県などの書き方



都→to
府→fu
道→dou
県→ken
市→shi
区→ku
町→cho(machi)
群→gun
村→mura(son)

市や区を書くときはTokyo-shiのように間に半角ハイフン「-」をいれてください。そして、区切るときは半角スペースをいれてください。市や町などの、まとまりごとに区切るのがルールです。

・例:Tokyo-to Tokyo-shi


XMのロゴのイラスト



XMの住所入力



XMTradingのリアル口座の住所入力では、入力欄の上のところに書いてあるとおりに入力をしてください。都道府県・市と書いてあるなら、最初に都道府県を書いて次に市を書きます。


丁目、番、号、カンマ(,)は必要なし



丁目や番や号をアルファベットで書く必要はありません。省略して数字とハイフンだけでOKです。

・4丁目3番2号101号室

・4-3-2-101

英語表記の住所にはTokyo-shi, のようにカンマ(,)が使われていますがXMの住所入力では必要ありません。


XMの住所入力の例




XMの住所入力をしたところ



上の画像は、下記の住所を入力したところです。

郵便番号000-0000
東京県東京市東京区東京町4丁目3-2マンション101

都道府県・市
Tokyo-ken Tokyo-shi

区町村・町名
Tokyo-ku Tokyo-machi

番地・部屋番号
4-3-2-101

郵便番号
000-0000


住所入力は半角



住所を入力してグリーンのチェックマークが付けばOKです。入力は基本半角なので間違って全角で入力をするとNGになります。グリーンのチェックマークが付かないときは、全角になっていないか確認をしてみてください。

数字やスペースやハイフン(-)が全角になっていることもあります。


・XMTradingのサイト:XMTrading

関連記事

タグ : 住所

« next  ホーム  prev »

Twitter

広告