FXは資格や免許は不要です学生や主婦も取引できます


個人がFXをするとき、資格や免許などは必要ありません。20才以上なら、学生でも主婦でも誰でも、簡単にFXをすることができます。

fx-shikaku.jpg


必要なもの



FXをするときに必要なものは、免許証などの身分証と、銀行口座と、マイナンバーです。FXに関係する何かの資格や免許を持っていなくても取引はできます。個人がFXをするために、資格や免許を取得する必要はありません。


お金があればOK



FXは資金さえ持っていれば、基本的に20才以上なら誰でも取引をすることができます。大学生や、仕事をしていない主婦もFXをやっています。

FXをするとき、FX口座をつくるのですが、そのときFX会社の審査がありまして、その審査でFX会社がなにをチェックしているのかというと、どのくらいお金を持っているのか、どのくらいリスクを理解しているのか、この2つです。

もちろんこの2つだけで判断されるわけではありませんが、大きな要素であることは間違いないと思います。

つまり、資金をちゃんと持っていて、FXのことを理解していれば、学生でも主婦でもFX口座を開設することは可能なのです。

FX会社はどこでソレを判断しているのかというと、口座開設の申し込みのときの質問やアンケートの回答です。FX会社は申込者の資産や貯金を調べることはできないので、申込者が入力したものや、選んだ回答を判断材料にしています。

口座開設の申し込みのときのアンケートや質問には、しっかりと考えて答えるようにしたほうがいいと思います。


金額



どのくらいの金額ならOKで、どのくらいの金額ならNGというのはFX会社しか知らないのでハッキリとした金額はわからないのですが、あまりにも少ないと断られる可能性が高いみたいです。そして、そんなに大金をもっていなくても大丈夫みたいです。

先ほども書きましたが、FX会社は口座開設の申込者の貯金や資産を調べることはできないので、申込者がお金をいくらもっているか知りません。


先に口座を開設する



FXをやってみようかなと思っている人に1つアドバイスがあります。取引方法を考えたり研究したりするまえに、FX口座を先に作りましょう。なぜなら、すばらしい取引方法を考え出しても、取引ができなければ意味がないからです。

口座を開設して取引ができる状態にしてから、取引のことを勉強したり考えたりしたほうがいいと思います。FX口座は基本的に無料で開設することができます。




1番のFX会社はDMM.com証券なんですか、それともGMOクリック証券なんですか。と聞かれることがたまにあるのですが、ハッキリ言ってどっちが1番なのかわかりません。

2つの会社のホームページを見てみると、自分の会社は取引高1位です、口座数1位です、預かり資産1位です、などとアピールをしていて、それを見ると、どちらの会社も1番のように感じます。

どっちの会社が1番なのかはわかりませんが、どちらの会社もトップレベルの人気があることはわかります。個人的にも、これからFX口座を作る人におすすめするFX会社は、この2つの会社です。

DMMはこちら:DMM.com証券

GMOはこちら:GMOクリック証券
関連記事

タグ : FX基礎知識 FX初心者 始める FX口座 口座開設 FX入門

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter